わかる!介護士・福祉士の国家資格ガイド > 介護福祉士ってどんな資格?

介護福祉士ってどんな資格?

社会の高齢化に伴い、ゴールドプランなどの対策を国が施し始め、そういった社会の背景の中から生まれたのがこの介護福祉士という資格です。介護福祉士は、『社会福祉士及び介護福祉士法』で以下のように定義されています。
 社会福祉士及び介護福祉士法 第二条第二項
  “介護福祉士の登録を受け、介護福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、身体上または精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障があるものにつき、入浴・排泄・食事ならびにそのもの及びその介護者に対して介護に関する指導を行うことを業とする者。”
 一方で、ホームヘルパーやケアワーカーといった、実際に介護業務を行う仕事は特別の資格がいらないことも事実です。しかし、介護福祉士はそれらを指導する介護のプロとして位置づけられていることから、とても人気のある資格の一つと言っても過言ではないでしょう。

スポンサーリンク

その他の管理サイト一覧

私はバーチャルオフィスを会社の本社住所としています。