どのように取得する?

介護福祉士は、誰でも簡単に受けられる資格ではありません。介護福祉士の資格を受験するには受験資格が必要となってきます。基本的には、介護福祉士の養成を行っている専門学校や短期大学、4年生大学などで指定された科目の単位をすべて取得することが条件です。しかし、介護などの業務に3年以上従事した者に関しても同様に受験資格が与えられます。
 資格取得のメリットとして、介護従事者には、科学的な知恵だけではなく、科学的裏づけのある技術や社会的教養も必要不可欠になります。また、現在は介護保険制度の見直しが行われており、障害者対策の障害者自立支援法などとの統合を視野にいれた、被保険者・受給者の範囲の拡大などが大きな論点となっています。したがって、以上の背景から介護福祉士のニーズは今後も増大が予測され改革とともに職場がさらに広がると言われています。
 ※有資格者と無資格者、有資格者でも技能と資質のバラつきが指摘されていることから、介護福祉士の資格についても見直される可能性が大きいです。

スポンサーリンク

その他の管理サイト一覧