精神保健福祉士の資格

精神保健福祉士は、国が定めた国家資格であり、簡単に言えば、1997年に誕生した精神保健福祉領域のソーシャルワーカーの国家資格のことを言います。精神保健福祉士と聞いても、実際にどんな資格か頭にすぐ浮かぶ人は少ないと思います。ここでは、資格の内容について簡単に説明していきます。
現在は、ストレス社会やいじめ問題などからこころの時代と言われるように、多様な価値観が錯綜する時代にあって、こころのあり様は一人ひとり異なるものでありますが、福祉の領域だけでなく、私たちももっとも関心を寄せる必要のある問題の一つとなっているのです。 特にわが国では、たまたまこころの病を負ったことで、さまざまな障がいを抱えた人々(精神障がい者)に対する社会復帰や社会参加支援の取り組みは、先進諸国の中で制度的に著しく立ち遅れていました。
精神保健福祉士は、精神障害者の医療的なケアに感心をもちながら、精神障害者の自立と社会復帰・社会参加の促進を図る社会福祉専門職であり、保健(疾病)と福祉(障害)の双方にまたがる職種です。その業務の対象として、精神疾患と精神障害を併せ持つ精神障害者があげられます。しかし、精神保健福祉士は、人と状況の全体性の観点から精神障害者個人だけでなく、家族や地域をはじめとする精神障害者を取り巻く環境をも視野にいれて働きかけることが必要となります。
 精神保健福祉士は、精神障害者の保健と福祉にまたがる職種であり、精神障害者の保健に関する知識や技術、そして、精神障害者の福祉に関する知識や技術が求められます。ただ単に、社会資源の情報提供を行うだけではなく、精神障害者が自ら希望する生活を行うために、助言や指導を行うこともあり、さらに、日常生活への適応のために必要な訓練その他の援助を行っていきます。援助をする上でコミュニケーション能力も必要となるので、知識だけでなくそういうスキルも身に付けたらいいと思います。
※ 精神保健福祉士は、精神科ソーシャルワーカー(PSW)という名称で1950年代より精神科医療機関を中心に医療チームの一員として導入された歴史のある専門職です。 
※ 文中の『障害』を『障がい』と表していることについてですが、現在では障害という漢字はあまり良い意味でないことから後者の方を用いられることが当たり前となっています。

スポンサーリンク

その他の管理サイト一覧