活躍する場は?

以下にあげるものが、精神保健福祉士の主な活躍場所であると言えると思います。

・ 精神病院、総合病院、精神化診療所など医療機関
(医療機関では、医療相談室などでの相談活動が中心となります。受診や入院に関する相談から、療養中の経済的な問題や心配事、社会復帰に関すること、入院中の人権擁護に関することなど幅広い相談を通して、その人の問題解決のための援助・支援を行うことが精神保健福祉士の仕事になります。また、デイケアなどでは、グループワーカーとして利用者と共同して活動・レクリエーションを行ったりします。こういったコミュニケーションを図ることもとても大切な仕事であり、相談援助だけが仕事というわけではありません。)

・ 保健所、精神保健福祉士センターなど保健機関
(保健所では、地域住民の精神の健康に関する相談窓口となっています。また、デイケアの運営や家族会の支援、地域の組織かも行っています。 精神保健福祉センターは、精神保健福祉に関する調査・普及活動や保健所などへの技術的な支援を行っています。)

・ 授産施設、生活訓練施設、福祉工場、福祉ホーム、地域生活支援センター、精神障害者小規模作業所、グループホームなど精神障害者社会復帰施設
(日中の活動の場としての小規模作業所と、生活の場としてのグループホームは、住み慣れた地域で精神障がい者が安心して暮らしていくうえで重要な役割を担っています。利用者と一緒に何か利用者や入居者の主体性を尊重し、生活を側面的に支援することが精神保健福祉士の仕事です。また、法律で定められた社会復帰施設には、精神保健福祉士の配置が義務づけられています。(このことを『義務設置』と言います。)利用者のニーズにあわせて、その人なりの社会参加や社会復帰を実現していくため、精神保健福祉士が利用者の目標の実現に向けて、さまざまな援助・支援活動や必要な情報提供を行います。)

・ 老人保健施設などその他の施設
 以上にあげたものを簡潔にまとめてみると、精神医療・保健・福祉にまたがる幅広い分野で活躍できることがわかります。

★受験科目★
 
精神医学、精神保健学、精神科リハビリテーション学、精神保健福祉論、社会福祉原論、社会保障論、公的扶助論、地域福祉論、精神保健福祉援助技術、医学一般、心理学、社会学及び法学
 なお、社会福祉士である者については、その申請により上記試験科目のうち、社会福祉原論、社会保障論、公的扶助論、地域福祉論、医学一般、心理学、社会学及び法学の試験が免除される。
★受験地★
 北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県
★受験日程★
 受付期間  9月から10月
 試験日    1月上旬
 合格発表   3月末
★受験費用★
 1万2500円
★合格率★
 61.3%

スポンサーリンク

その他の管理サイト一覧