どのように取得する?

一般的には、保健師、看護士、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、義肢装具士、言語聴覚士、視能訓練士などの資格を取得し、そのうえで、高齢者介護などの実務経験を5年以上経験することが条件である。それから、都道府県または都道府県の指定法人が実施する実務研修受講試験に合格し、35時間以上の実務研修を修了し、資格取得となる。

スポンサーリンク

その他の管理サイト一覧