どのように取得する?

 障害者スポーツ指導員を取得するには、財団法人日本障害者スポーツ協会が開催する指導員養成講習会(※中級・上級対象)または、協会の指導のもとで地方公共団体などが開催する指導員養成講習(※初級・中級対象)を受講することが条件となります。(上記にも書きましたが、初級であれば、18歳以上の方は誰でも受験が可能です。)
講習終了後、協会に公認申請を行い、スポーツ指導員の証明(免許みたいなものとピンバッジ)が送られてきます。試験は行わないので、講習にさえでればもらえる資格となります。
※ ちなみに、私もこの資格をもっていますが、講習は意外に楽しく車イスバスケなどの実技をやらせていただいたり、障害者スポーツの勉強をしたりなど、実際に障害を抱えてから選手になった方の体験談などが聞けてとても勉強になりました。特に福祉職に就きたいと考えている方には知識や価値観の再構築のためにオススメできる講座です。

スポンサーリンク

その他の管理サイト一覧