わかる!介護士・福祉士の国家資格ガイド > 塾で勉強した思い出について

塾で勉強した思い出について

"私は中学時代に塾に通っていました。

その塾に通っていて印象的だったのが、その塾の塾長とされる方が非常にアツかったということです。

実は私は当時はその塾でほかの生徒からいじめのようなものを受けていました。

こういう時は教える側からしてもそのいじめられている立場にある生徒を晒し者にすることで、自身もうまく保身できますし、クラスもうまくまとまることから教育現場でも多々あるらしいですが、この先生は違いました。

この先生はいじめっ子的な存在には厳しく、私がそのような立場にある人間に対して、優しく接してくれたという印象があります。

そのようなこともあって、私も辞めずになんとか受験の終わりまで通い続けることができました。

後に私もその先生の影響もあってか私も弱い立場のある人間を虐げるような輩には、それなりの言動で対処することができるようになりました。

学力偏差値的には大して向上することはありませんでしたが、その塾長とされる先生からは学校の勉強よりも何か大切なものを勉強させてもらった気がします。

"

スポンサーリンク

その他の管理サイト一覧