わかる!介護士・福祉士の国家資格ガイド > 英語を必要している会社なら社内公用語にするのもあり

英語を必要している会社なら社内公用語にするのもあり

"英語を社内公用語にする事には賛否ありますが、もしその会社が日本語メインであるならばそれは控えた方が良いです。
あまり必要性もないのに英語をメインに考えるようになれば従業員も納得する事はできないと思うし、逆に従業員の不満から会社内がぎくしゃくする事が予想されます。
その反面、英語を頻繁に使用しなければならない会社であれば社内公用語に英語をもってくる事もありとなります。英語を頻繁に使用するのなら日ごろから英語で話す事により仕事の面でメリットを感じるからです。
もちろん英語が必要な仕事でしたら従業員もある程度の理解はできると思いますし、自然な流れだと思います。
ただ、この場合でもいきなり社内公用語を英語にするのではなくて、事前に報告したり、いきなりすべて英語での会話でなくて少しずつ英語を話す機会を増やすようにすれば一番良いと思います。
仕事においてプラスになるのか、従業員の理解を求められるのかが大事だと思います。この2つをクリアしているのなら英語社内公用語もありだと思います。"

スポンサーリンク

その他の管理サイト一覧